文字サイズ

奈良大付、反撃も天理にあと2点…惜しくも準優勝 準決勝では智弁学園撃破

反撃に盛り上がる奈良大付ナイン(撮影・永井優花)
試合後、健闘をたたえ合う両ナイン(撮影・永井優花)
2枚

 「高校野球奈良大会・決勝、天理6-4奈良大付」(6日、佐藤薬品スタジアム)

 奈良大付は前日の準決勝で強豪・智弁学園を下し、悲願の優勝を目指したが、あと一歩届かなかった。

 初回、主将・喜多智也内野手(3年)の二塁打でいきなりチャンスを作ると、2番・吉岡耶翔外野手(3年)の犠打で1死三塁とし、続く今井優外野手(3年)がきっちりと犠飛を決めて先制。しかし、その裏に逆転され、二回に追いつくも再び勝ち越されて2-5で迎えた六回。3番・今井、4番・山本陸捕手(3年)の連続安打などで1点差に追いついた。

 その後、1点を返され4-6で迎えた最終回2死から、吉岡、今井が連打し、チャンスをつくるも4番・山本が三ゴロに倒れゲームセット。ナインの目には悔し涙が光ったが、最後まで誰一人として攻撃の姿勢を崩さなかった。全力で駆け抜けた奈良大付の夏が終わった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス