文字サイズ

ソフトバンク、PCR検査で1軍帯同スタッフ1人に陽性判定

 プロ野球・ソフトバンクの三笠杉彦GMが3日、オンラインで会見し、選手・監督・スタッフら87人に行ったPCR検査の結果、1軍に帯同する30代スタッフ1人に陽性判定が出たことを発表した。発熱、味覚障害などの症状は出ていないという。

 これ以外の1軍の選手、監督、コーチ、スタッフ86人は陰性と発表されたとした。監督、コーチ以外のチームスタッフであることも説明された(内訳は監督・コーチが9人、選手が27人、スタッフが51人)。2軍、3軍、リハビリ組の選手・スタッフらについては、4日以降、判明するとした。

 当初は午後7時から結果についての発表をする予定だったが、該当するチームスタッフに最初、要再検査の判定が出たため、発表会見が約3時間遅れた。あらためて検査した結果、陽性が確定したという。

 濃厚接触者の判断は、所轄の保健所の判断を仰ぐとしている。

 現時点で、陽性判定を受けたスタッフと、球団独自の判断で接触のあったスタッフ2人が自宅待機をしている。陰性判定を受けた1軍の監督、選手らについては、4日から予定されている楽天戦のため仙台に移動したとしている。三笠GMは、ガイドラインも勘案した上で、「PCR陰性も出ているということですので、移動に関しては問題ないのではということで移動してもらった」と説明した。

 陽性判定を受けたスタッフは、この日にペイペイドームで行われた練習に集合していたが、要再検査の人がいるということを踏まえて、「練習から出た」(三笠GM)という。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス