文字サイズ

明石商・来田 高校通算34号3ラン!5打点大暴れ プロ7球団スカウト熱視線

 「高校野球兵庫大会・3回戦、明石商7-0加古川東」(2日、高砂球場)

 兵庫大会3回戦に昨年の甲子園春夏4強の明石商が登場し、加古川東を7-0で圧倒した。今秋ドラフト上位候補の来田涼斗外野手(3年)は3ランを含む2安打5打点の大活躍でコールド勝ちに貢献した。各地の決勝では大垣日大(岐阜)、聖隷クリストファー(静岡)、高川学園(山口)、高知(高知)、大崎(長崎)、八重山(沖縄)が優勝した。

 本番で驚異の勝負強さを発揮する男が、この日もやってのけた。「1番・中堅」でフル出場した来田が、先制の2点適時打と特大3ランで4打数2安打5打点と大暴れした。

 「初回にピッチャーとの間が合わなくて、今日は調子が悪いなと思っていたので、修正して打つことができて良かったです」と思わず笑顔がこぼれた。

 まずは二回。2死満塁で「絶対にかえしたかった」と右前に先制の2点タイムリーを放つと、4点リードの六回無死一、二塁では、高めのインコース真っすぐを強振。高校通算本塁打を34本に伸ばす豪快な右越え3ランで、一気にコールド勝ち圏内に持ち込んだ。

 この日もスタンドにはNPB7球団12人のスカウトが集結し、熱視線を送った。阪神・熊野スカウトは「バットスピードがあって、力強い。本当に楽しみな選手ですよ」と評価。巨人・岸スカウトも「期待に応えるスター性は持って生まれたもの。丸みたいになれる可能性がある」と絶賛した。

 「チームに流れを持っていくのが自分の役目」と気を引き締めた来田。目標に掲げる代替大会と2週間後に迫った甲子園交流試合での全勝へ-。準備は整っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス