文字サイズ

ソフトバンク長谷川がコロナ陽性 開幕後球界初の感染者 2日のソフト-西武戦中止

 ソフトバンクは1日、オンライン会見を開き、長谷川勇也外野手(35)が新型コロナウイルス陽性と判定されたと発表した。これを受け、2日にペイペイドームで開催予定だった西武戦を中止した。

 長谷川は7月31日の就寝時に咽頭に若干の違和感を訴え、その際の体温は37・3度だった。8月1日の午前7時時点で咽頭の違和感は消えたものの、体温は37・2度で病院でのPCR検査を受け、陽性と判定された。現時点で発熱などはなく、保健所の指示により自宅で静養している。

 球団は同選手の行動履歴、チームとの接触状況などを調査。1軍の監督、選手らと直接の接触はなかったが、専門家がファーム施設を利用する1軍選手らが感染している可能性は否定できないとの見解を示したため、西武戦の中止を決めた。

 同球団の選手の陽性判定は初。6月19日の開幕以降、プロ野球界で選手の陽性判定は初となり、球団は選手、スタッフらのPCR検査を速やかに行うとともに、2日は同選手が利用していた2軍施設を閉鎖し、消毒作業を行うとした。

 長谷川は右脇腹痛で7月7日に出場選手登録を外れ、2軍施設で調整。同28日からはタマスタ筑後で、ウエスタン・阪神3連戦に出場していた。阪神の選手を含め、ファーム施設での濃厚接触者の特定は1日時点ではできていない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス