文字サイズ

ドラフト上位候補155キロ右腕の苫小牧駒大・伊藤“新球”に手応え 5球団視察

 プロ5球団の前で6回を1失点にまとめた苫小牧駒大・伊藤
2枚

 「オープン戦、北海道ガス3-0苫小牧駒大」(25日、栗沢球場)

 今秋ドラフト上位候補で最速155キロ右腕の苫小牧駒大・伊藤大海投手(4年・駒大苫小牧)が北海道ガス戦に先発し、今年に入って最長となる6回を1失点にまとめた。昨秋から本格的に取り組むカットボールを多投。右打者を泳がせて二ゴロに仕留めるなど、「自信を持って投げていこうかな」と手応えをつかんだ。

 NPB5球団の視察を受ける中、最速は楽天の計測による149キロにとどまった。全体的な出来に納得はしていないが、社会人相手に「変化球をうまく使ってという部分で粘れたっていうのは1つ収穫」と前向きに捉えている。阪神・葛西スカウトは「変化球は多彩でストレートもしっかりとしている。完成度は高い」と評価した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス