文字サイズ

ヤクルト・高橋が3回まで“別人”の投球内容 二回途中から5連続K

 「中日-ヤクルト」(9日、ナゴヤドーム)

 今季初先発となったヤクルトの高橋奎二投手が、ここまで“別人”のような快投で竜打線を打ち取っている。3回まで投げて無安打無失点、6奪三振。二回途中からは5連続三振を奪っている。

 初めてのナゴヤドームのマウンドで、思い切り左腕を振った。立ち上がりに先頭の大島に四球を許したが、その後は落ち着いて後続を打ち取った。球数を要しながらも、一方的にカウントを悪くすることはない。二塁すら踏ませない投球で、6番木下から1番大島まで5者連続で空振り三振を奪っている。

 開幕ローテ入りを逃すふがいなさも経験した。開幕投手候補の一人であっただけに、悔しさは人一倍だった。2軍戦では新フォームに着手。「足を上げない」スタイルに修正し、2試合で防御率1・80と猛アピールに成功した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス