文字サイズ

日本ハム「北海道コロナ通知システム」導入 札幌ドームの主催試合で

 日本ハムは7日、7月14日のロッテ戦から札幌ドームで開催する主催試合において「北海道コロナ通知システム」を導入することを発表した。

 海道ならび札幌市が提供している通知システムで、不特定多数の観客が利用する施設やイベント等での新型コロナウイルス拡大防止を目的としている。

 札幌ドームのチケット売り場や各販売店(飲食・グッズ)などにQRコードを掲示し、掲示されたQRコードを読み込んでEメールアドレスを登録すれば、新型コロナウイルス感染症の陽性者と同じ施設を利用していた場合、通知メッセージの受取が可能になる。利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができるとしている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス