文字サイズ

DeNA・中川、今季初登板も3回4失点で降板…バッテリーごと交代に

 2回、西浦に逆転2ランを浴び汗をふく中川(左)=撮影・園田高夫
2枚

 「ヤクルト-DeNA」(4日、神宮球場)

 今季初登板となったDeNAの先発・中川が3回4失点で降板した。

 初回こそ坂口、山田哲、青木の上位3人を12球で退けたが、1-0の二回に無死一塁から西浦に逆転2ランを被弾。追いついてもらった直後の三回には2死一塁から、今度は青木にバックスクリーンに運ばれる勝ち越し2ランを浴びた。

 「チャンスをしっかり生かせるように、自分の良さをしっかり出したい」と意気込んで臨んだ登板だったが、一発に泣いた。

 ラミレス監督は四回の攻撃で、捕手・伊藤光の代打に戸柱を送り、バッテリーごと交代させる形に。中川に代わる2番手として、エスコバーがマウンドに上がった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス