文字サイズ

今秋ドラフト候補のENEOS・藤井 復帰後初登板で巨人2軍を1回無失点

 プロ相手に復帰登板で1回を無失点に抑えたENEOS・藤井
2枚

 「プロアマ交流戦、巨人2軍2-1ENEOS」(30日、ジャイアンツ球場)

 今秋ドラフト候補で最速150キロ左腕のENEOS・藤井聖(まさる)投手が、左肘のケガから復帰後初の対外試合で1回を無失点に抑えた。四回に2番手として登板。巨人の田中俊、湯浅といった1軍経験者を打ち取った。

 直球の最速は142キロ止まりだったが、「思ったよりまとまっていた。まだまだ上げていける」と結果にまずまずの様子。故障後に取り組んだ肘に負担のかからない投球フォームにも手応えを得た。

 この日は阪神など5球団のスカウトがスタンドに集まった。畑山統括スカウトと2人態勢で視察した阪神・吉野スカウトは「復帰したばかり。これから」と今後も動向に注目していく方針だ。

 東洋大時代には上茶谷(現DeNA)、梅津(現中日)、甲斐野(現ソフトバンク)の同期3人の陰に隠れがちだった左腕は「僕も負けないように」とアピールを続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス