文字サイズ

履正社・関本がプロ志望表明 父は元虎戦士「父と同じ舞台に早く」

 元阪神の関本賢太郎氏(41)の長男で、履正社主将の関本勇輔捕手(3年)が25日、茨木市内の同校グラウンドで、プロ志望を表明した。「お父さんも高校からプロに行っているので。お父さんと同じ舞台に早く立ちたいと思っています」と力強く話した。

 新型コロナウイルスの影響で2カ月以上、全体練習ができなかった。その中で賢太郎氏と話し合い「正直、自分もどうしようかなというのは考えていて。でもプロになる以上は強い意志じゃないといけないと、お父さんに言われたので」と気持ちを固めた。

 大阪府の代替大会には3年生だけで挑む方向で「やる以上はチャンピオンを目指してやる」とアピールを目指す。また、小深田大地内野手(3年)と147キロ右腕の内星龍投手(3年)もプロ志望を表明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス