文字サイズ

プロ野球 セ・リーグがCS中止を正式発表 パ・リーグは短縮で1、2位の4試合制

 プロ野球のセ・パ両リーグは15日、オンラインで会見を開き、新型コロナウイルスの影響で変更となったシーズン日程を発表した。

 セは11月7日が最終日程で全120試合を開催。さらにクライマックスシリーズの中止を正式発表した。セの杵渕統括はCS中止について「クライマックスの開催意義はリーグ理事会で検討したが、ここ数年の気象条件や選手の感染が起こってほしくないが、どういうことが起こるか分からない不確定要素があり、日程消化に苦慮していることも含めて総合的に判断した」と語った。

 パのCSは11月14日から開催し、従来の方式を短縮。1位と2位のみで行われ、1位にはアドバンテージ1勝が与えられ、4試合制の3戦先勝となる。パはCS開催について保科統括は「ファンの皆様に最後まで興味を持っていく施策が必要という判断、その一点です」と語った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス