文字サイズ

埼玉で代替大会 8月に7イニング制で開催 東西南北に分けた4ブロック方式

 埼玉県高野連は12日、埼玉・北足立郡伊奈町で理事会と運営委員会を開いて今夏に県独自の公式戦「夏季埼玉県高校野球大会」の開催を発表した。県内を東西南北に分けた4ブロック方式で行い、五回試合成立の7イニング制を採用。各地区王者4チームで再びトーナメントを実施する。

 県教委との共催で日程は8月8~23日、同24日を予備日とする。この日までに試合が消化できていなければ打ち切り。ベンチ入り枠は20人とし、試合ごとの入れ替えを認める。控え部員や選手の保護者などの入場については使用予定の12球場の事情を踏まえた上で、今後検討していくとした。

 7月21日に各校の責任教師代理による4地区の組み合わせ抽選会を行う。新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては日程変更や最悪の場合、大会中止も想定している。

 大会期間中には日本高野連による「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」が予定されており、センバツ出場予定だった県内の花咲徳栄も招待されている。埼玉県高野連・坂上節会長は「どちらの大会にも出られるように日本高野連の方とも相談している最中です」と調整を約束した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス