文字サイズ

激震の巨人 1軍全選手、監督、スタッフのPCR検査を実施へ 坂本と大城の陽性で

 2日の西武との練習試合前の巨人ベンチ=東京ドーム
3枚

 巨人は3日、坂本勇人内野手(31)、大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスの感染有無を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。これを受け、球団は4日午前中に1軍の選手、監督、コーチ、スタッフなど全員がPCR検査を受けるとした。厚生労働省から承認された唾液を検体する手法を用いるという。

 球団によると2選手の陽性は5月29日~31日まで、希望者218人に行った抗体検査で判明した。現在は濃厚接触者について管轄の保健所が特定を急いでいる。球団は保健所の特定前に「1メートル以内で15分以上会話した者」を中心に、念のため幅広く検査を受ける必要があると判断した26人について、3日夕、都内の医療機関でPCR検査を実施。それ以外の1軍の選手や監督、コーチなどは、4日午前中に検査を受ける。

 2選手のコロナウイルスの遺伝子量は微量で正常値ぎりぎりの「微陽性」。回復を示すIgG抗体もあり、感染からすでに時間がたっているとみられる。このため、2選手は入院したが、保健所の指導に従い、PCR検査で陰性が確認でき次第、早期にチーム合流を目指すという。

 球団によると2選手は3月下旬以降、体調に問題なく、味覚や嗅覚等の異常もなし。検査前から2週間さかのぼり、行動を確認したところ、坂本は5月29日に友人と昼食を取った以外、外食も夜の外出もなし。大城も5月28日にチームメート2名と2時間、夕食を取った以外は外食も夜の外出もしていなかった。

 3日に予定されていた西武との練習試合は急きょ中止が発表されていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス