文字サイズ

明石商・狭間監督「命が一番大事」も…「3年生の気持ちを考えると残念」甲子園中止に

 日本高野連は20日、新型コロナウイルスの影響で第102回全国高校野球選手権大会、49地方大会ともに中止すると発表した。

 これを受け、明石商の狭間監督は高野連や関係者に感謝の思いを示し、「世の中がこのような状況なので命が一番大事。中止は致し方ない」とコメント。一方で、「ただ、甲子園を目標に頑張ってきた3年生の気持ちを考えると残念です」とも語った。

 明石商は昨年の甲子園で春夏連続4強。3年生には来田や中森といったプロ注目の選手もそろい、今春のセンバツにも出場予定だった。

 中止の決定をどう選手に伝えるかについては「学校が再開された時、顔と目を見て話をしたい。そこで話したいのは入学した時からここまでのこと、先のこと、3年生には今後の就職や進学のこと、1、2年生には次の大会に向けてのこと」とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス