文字サイズ

中日 伊藤隼と接触した2選手を自宅待機に 12人は本隊と時間ずらし練習、仕事へ

 中日は29日、新型コロナウイルス感染を公表した阪神の伊藤隼太外野手(30)と接触のあった選手や関係者のうち、2選手を4月5日まで自宅待機とすると発表した。また12人の選手、スタッフを同日までチーム本隊と時間をずらして行動させることも発表した。いずれも専門家の助言による措置。4月3~5日に予定されていた広島との2軍練習試合(ナゴヤ)も中止となった。

 球団から発表された措置は衝撃的なものだった。濃厚接触はなかったものの、2選手が4月5日まで自宅待機。コロナウイルス感染拡大の深刻さが浮き彫りになる判断だった。

 阪神・伊藤隼らの感染公表を受け、球団は28日に1、2軍の首脳陣、選手、スタッフに聞き取り調査を実施。20~22日の練習試合で伊藤隼と接触が確認されたのは2軍の選手、首脳陣、スタッフを合わせて15人を数えた。

 1人は数分の会話、1人は複数回の会話とグータッチを交わしていた。この2人が自宅待機となった。数秒ないし、数十秒程度のあいさつや会話をした選手、スタッフは12人。こちらは本隊と時間をずらして練習や仕事をすることになった。

 いずれも期間は4月5日まで。伊藤隼と最終接触のあった可能性のある22日から、潜伏期間とされる2週間が経過するまで隔離措置は続く。1人だけ問題ないと判断され、通常通りチームと行動を共にする。

 アドバイスは球団がNPBとJリーグの連絡会議の専門家チーム・地域アドバイザーの愛知医科大・三鴨広繁教授に仰いだ。15人とも濃厚接触との判定ではなく、念には念を入れての措置だという。

 現段階で発熱など異常を訴えている人はいない。ただ、予断を許さない状況であるのは間違いない。練習は31日から再開。本隊と時間をずらすことになった選手たちは、荷物をロッカーから別の場所へと移した。「万が一、他の選手にうつるようなことがあってはいけないので」、「仕方がないです」と困惑の色は隠せなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス