文字サイズ

川淵三郎氏「野球だけ特別扱い」の声に持論 スポーツ&音楽は「免疫性を高めてくれる」

 Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏が5日、ツイッターを更新。日本高野連が第92回選抜高校野球大会(19日開幕・甲子園)を無観客開催で準備する方針を決めたことに、持論をつづった。

 川淵氏は「無観客試合は野球だけ特別扱いして怪しからんという声があります。でもこの閉塞感のある社会を元気付けることができるのはスポーツであり音楽です」と強調。続けて、「それらは人間が生きていく上において必要な勇気、希望、感動を与えてくれます。病に打ち勝つ為の免疫性を高めてくれます。勇気ある決断を希望します」とした。

 新型コロナウイルスの感染拡大で高校スポーツの大会中止が相次ぐなか、高野連は4日に選抜を無観客で開催する方向を決定。中止も視野に11日に最終決定する方針だが、開催を巡り賛否の声が挙がっている。

 川淵氏は4日にもツイッターで「選抜高校野球、取りあえず無観客試合であっても決行となって本当に良かった良かった。その前にプロ野球が普段通りに開催されれば高校野球も可能な限りの対策を講じて観客を入れることも考えられるものね」と、高野連の方針を歓迎している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス