文字サイズ

NPBとJリーグが「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設立 初の合同会見

 日本野球機構(NPB)とJリーグは2日、都内で合同記者会見を行い、「新型コロナウイルス対策連絡会議」を3日に設立し、同日に第1回会議を開くことを発表した。両関係者の話ではNPBとJリーグが合同会見を開くのは初めて。Jリーグ側が新型コロナウイルスに対する情報共有を呼びかけ、実現に至った。NPBは斉藤惇コミッショナー、Jリーグは村井満チェアマンが出席した。

 同会議はNPBからコミッショナーと12球団代表者、Jリーグからはチェアマン、理事と特任理事9人、日本サッカー協会関係者3人が参加して構成。さらに感染症の権威3人による専門家チームを設置する。専門家チームの助言を得て感染状況を的確に収集、分析した上で試合開催やスタジアムの運営のあり方、選手らの感染防止に関する情報や対策などを両者の間で共有することを目的とする。

 現在中断中のJリーグは18日からの再開、オープン戦を無観客で開催しているプロ野球は20日の開幕をそれぞれ目指している。斉藤コミッショナーは「サッカーと野球はいろいろ違う。最終ジャッジはあくまでそれぞれでやる」とし、開催可否や開催形態は、それぞれが専門家チームの助言を元に個別に判断して決めていく。

 また、村井チェアマンは「今回の情報交換の内容は即日オープンにしていきたいと思っています。この2者会議が今回の国難ともいえるところを乗り越えるための一助となればと思います」と説明。他の競技団体に対しても情報を公開し、スポーツ界全体の対応力の強化を目指していく考えだ。

 斉藤コミッショナーは「Jリーグさまと結束して全身全霊で乗り越えていきたい」と話し、村井チェアマンは「両者が連携していくことは大変画期的なことだと思います。新型コロナウイルスに対して連携して対応していく所存でございます」と語気を強める。日本の2大スポーツのトップがそれぞれが連携の意義を訴えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス