文字サイズ

ヤクルト必勝祈願 奥川、絵馬には「怪我なく一年を過ごす」

 ヤクルトが27日、渋谷区の明治神宮で必勝祈願。高津臣吾監督をはじめ首脳陣、選手会長の中村悠平捕手、ドラフト1位・奥川恭伸投手(星稜)ら選手全員が参拝した。

 それぞれの思いを絵馬に記した。高津監督はチームスローガンの“突き進め”と力強い文字。この真意について、「昨季は(最下位と)大変なシーズンだった。気持ちも沈むけど、その場で立ち止まらずに一歩でも、半歩でも進めるように」と説明した。新主将の青木は“最高のプレーを魅せる”、開幕スタメンを目指す村上は“優勝”、ドラフト1位・奥川は“怪我なく一年を過ごす”と“日本一の投手”と思いを込めた。

 久しぶりの金の卵との再会に、「いい顔をしていた」と目尻を下げた高津監督。奥川には「待っているぞ」と声をかけたといい、「口に出して言っちゃったけど、あまり言ってしまうのも(焦らすのも)本人のためにならないでしょうし」と葛藤している様子だった。奥川は「早く1軍の舞台に立てるように。まずは2軍の試合で結果を出していきたい」と言葉に力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス