文字サイズ

オリックス・T-岡田 二塁打2本でアピール 西村監督も評価「明るい材料」

 「練習試合、オリックス2-5西武」(26日、SOKKENスタジアム)

 オリックス・T-岡田が『6番・指名打者』で先発出場。四回先頭ではニールの初球147キロをたたき右中間を破る二塁打にすると、六回1死でも今井の初球変化球を右線二塁打にした。

 「この前の本塁打は打ち方としては良くなかったけど、きょうの二塁打は良かった。もうちょっといいものを求めてやっていきたい。初球からしっかり振れていけてるのはいいとこ」

 そんな姿に西村徳文監督も「Tが2本。状態が良くなってきたことは明るい材料。今年はやってもらわないと困る」と敗戦の中で好材料に挙げた。

 T-岡田は「ガムシャラにアピールしていきたい。今年に賭ける思いはこのチームで誰よりも持っている。(一塁を争う)モヤも調子いい。負けないようにやっていきたい」と悲愴感を漂わせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス