文字サイズ

DeNAオースティン いきなり連発デビュー 逆風も詰まらされても関係ナシ!

 「オープン戦、巨人1-4DeNA」(16日、沖縄セルラースタジアム那覇)

 逆風や小雨も関係ない。すさまじい衝撃音を残し、打球はバックスクリーン右へ飛び込んだ。まだ調整段階と言える2月のオープン戦。それでもDeNA・オースティンのスイングは完璧に仕上がっていた。

 初回、1死走者なしで迎えた第1打席だった。巨人・高橋が投じた初球を逆らわずに捉えた打球は、アゲンストをものともせずスタンドイン。「いつでも強く叩くことを意識している。強い打球を打つことを第一に考えている」とうなずく。

 さらに先頭で迎えた三回の第2打席は再び高橋から左翼席へ2打席連続の2号ソロ。内角直球に詰まらされたようにも見えたが、怪力でスタンドまで運んだ。五回の第3打席は変化球で攻められるも、最後は緩いカーブを左前へ。剛柔兼ね備えたスラッガーがいかんなくその力を発揮してみせた。

 昨年オフには阪神も獲得調査に動いた逸材。視察した阪神・御子柴スコアラーは「センター方向に強い打球を打てるとは思っていました。DeNAにとって大きな戦力」と警戒した。今後の分析課題としては「速い変化球に対応仕切れない感じはありますが、まだ実戦で見ていないので」と明かす。

 打順についてオースティンは「1番から9番まで、言われたところでやるだけです」と力を込めた。ラミレス監督は「僕は長く日本にいますが、1年目の外国人がオープン戦初戦であれだけ活躍するのは初めて見た」と驚きを隠せない。これで練習試合を含む実戦2試合で5打数4安打2本塁打。「コンディションは100%」と胸を張った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス