文字サイズ

立命大・有村 憧れから目標へ…今秋ドラフトへ意気込み

 立命大の最速151キロ右腕・有村大誠投手(3年・秀岳館)が18日、京都市内の同大学グラウンドで練習を行い、今秋ドラフトへの意気込みを語った。

 「プロ野球選手は夢でしたが、今は目指せる位置にまできていると思う」。昨年、最も近くで見てきた前エース・坂本がDeNAに2位指名されたことで、プロが憧れから“目指すべき場所”へと変わった。同時に「見てもらえるだけの結果を残さないといけない」とエースとしての自覚も芽生えた。

 有村は2年春からリーグ戦に登板してきたが、まだタイトルは手にしていない。「今年こそ、最優秀投手になりたい」。1年後、夢の大舞台に立つために-。まずはチームを大学日本一に導く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス