文字サイズ

日本ハム・ドラ5望月 プロでも“ライアン投法”継続「貫き通したい」

 日本ハムのドラフト5位・望月大希投手(21)=創価大=が16日、大学の先輩であるヤクルト・小川を参考にした独特の“ライアン投法”の継続を誓った。千葉・鎌ケ谷の2軍施設内のブルペンで投球練習後、「自分の強みなので貫き通したい」と決意を語った。

 187センチの長身から繰り出す、角度のある直球が武器の右腕。左足を大きく上げ、タメを作る大胆なフォームは、小川の動画で研究した。加えて、腕を振り下ろす際、顔がミットではなく上を向くのが望月流。「自分の良いところでもある」と可能な限り矯正はしない考えだ。

 小川はプロ1年目に最多勝、最高勝率の投手2冠に輝き、新人王を獲得。「全力のパフォーマンスを出して近づいていきたい」と偉大な先輩の背中をプロでも追い続ける。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス