文字サイズ

内田順三氏がJR東日本の外部コーチに就任 昨季まで巨人の巡回打撃コーチ

 昨季まで巨人の巡回打撃コーチを務めた内田順三氏(72)が社会人野球の名門・JR東日本の外部コーチに就任することが5日、分かった。同チームは昨年の都市対抗野球で3回戦敗退。日本選手権出場も逃しており、再建へ力を注ぐ。

 昨年まで9年連続でNPB選手を輩出し続ける名門に、プロの名伯楽が加わる。内田氏は駒大から1969年ドラフト8位でヤクルトに入団した。日本ハム、広島を経て82年に引退後、広島、巨人で2軍監督、打撃コーチを歴任。巨人では松井秀喜が師事し、他にも高橋由伸、阿部慎之助らを育て上げた。

 広島時代には前田智徳、野村謙二郎、金本知憲、嶋重宣らを球界屈指の強打者へ成長させた実績を持つ。JR東日本は昨年12月に15年間指揮してきた堀井哲也前監督(57)=現慶大監督=が退任し、ヘッドコーチだった浜岡武明新監督(47)が就任。同じ駒大出身の新指揮官へ協力を決断し、社会人野球を次なる舞台に選んだ。

 プロ入り後、2019年まで一度もプロのユニホームを脱いだことがなく、卓越した指導力は折り紙付きだ。72歳となっても、野球への情熱は尽きない。社会人野球の強豪に、名選手を育成してきたイズムを注入する。

 ◆内田 順三(うちだ・じゅんぞう)1947年9月10日生まれ、72歳。静岡県出身。現役時代は左投げ左打ちの外野手。東海大一から駒大を経て、69年度ドラフト8位でアトムズ(現ヤクルト)入団。75年日本ハム移籍。77年広島移籍後、82年限りで現役引退。通算成績は950試合485安打25本塁打182打点、打率.252。83年以降は2019年まで広島、巨人で1軍打撃コーチ、2軍打撃コーチ、2軍監督などを歴任。野村謙二朗、前田智徳、松井秀喜、高橋由伸など多くの好打者を育てた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス