文字サイズ

ロッテ・ドラ1佐々木 1食2合で肉体改造成功!「令和の怪物」デカくなった!

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡=がプロ仕様の肉体改造をしていたことが22日、明らかになった。

 「令和の怪物」が一回り大きくなった。身長は190センチで「まだ伸びている感じがする」というが、体重増にも成功した。今年の8、9月に韓国で開催されたU18W杯時の体重は80キロだったが、現在は87キロ。プロの練習に耐えられるだけの肉体作りに励んでいる。

 体重増成功の主な要因は食事。「量を食べています。バランスよく、おかずを大事にしています。サラダとかいろいろですね」。米を食べる量にもこだわり「一食で2合は食べます」という。

 体重が減りやすい体質で、特に体重を増やしたい時は炭水化物を重点的に取る。補食ももちろんで、1日5回食事を取ることもある。チャーハン、うどんが大好きだという。

 食べることもプロの大事な仕事だ。「将来は沢村賞を取りたい」と話す18歳。プロの肉体仕様でプロ1年目に臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス