文字サイズ

西武 松坂「終わりが見えている」「最後はここ」骨埋める覚悟も示す

入団会見で背番号16のユニホームに袖を通しガッツポーズを決める西武・松坂大輔=ザ・プリンスパークタワー東京(撮影・開出牧)
3枚

 西武・松坂大輔投手(39)が11日、都内ホテルで入団会見を行った。背番号は16。

 メジャー移籍した2006年以来、14年ぶりの古巣復帰。プロ20年目、40歳となるシーズンへ向けて「とにかく早くライオンズのユニホームを着たい」と心境を語った。一方で、今季0勝で中日を自由契約になった現実もしっかり見つめ、「終わりが見えているんですけど、かと言って2年先、3年先を見られるわけではない。やっぱりこれからは特に1年1年の過ごし方が、今まで以上に濃いものになっていくのかな」と覚悟。

 現役最後は西武かと問われ、「当時、アメリカに行くときは戻ってくるときはライオンズなんだろうなと漠然とは思っていた。このタイミングでライオンズのユニホームを着られることになって、最後はここなんだなと思っています」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス