文字サイズ

オリックス・太田「特殊グラブ」で定位置獲り 親指部分が極端に短い新グラブ披露

 オリックスの太田椋内野手(18)が9日、親指部分を数センチ短くした新グラブで来季へ臨む考えを明かした。

 「ボールを持ち替えるときにグラブの親指のところに引っ掛かるときがあって、短くしてもらいました。いい感じです」

 通常のグラブは小指と親指は同じ長さだが新グラブは親指が極端に短くなっている。

 昨秋のドラフト1位で天理から入団。シーズン終盤に1軍昇格を果たしたが、初安打はお預け。守備でも失策を犯した。今季を振り返り、プロの守備には速さが必要と痛感した。

 「少しでも早く(球を)持ち替えられるように。素早く送球したいので」

 現在は父で打撃投手の暁氏と舞洲で自主トレを行う日々。父の期待に応えるためにも新グラブで遊撃の定位置獲りに挑む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス