文字サイズ

明徳義塾 星稜との27年ぶり再戦で勝利 “松井5敬遠”以来

5回、3ランを放ち、笑顔でベンチに戻る明徳義塾・鈴木(右)=神宮球場(撮影・中田匡峻)
3枚

 「明治神宮野球大会・高校の部1回戦、明徳義塾8-5星稜」(15日、神宮球場)

 四国王者の明徳義塾(高知)が北信越王者の星稜(石川)を破り、2回戦に進出した。

 1992年、星稜・松井秀喜を5敬遠して物議を醸した一戦以来、27年ぶりとなった公式戦での再戦。当時と同じく明徳義塾が勝利した。

 明徳義塾は1点を追う四回に新沢の適時打、今釘の犠飛で逆転。さらに相手の2暴投で2点を加えた。五回には3番鈴木が左翼席へ3ランを放った。

 投げては左腕の新地が5失点しながら、粘り強く投げ切って完投勝利を飾った。次戦は東海王者の中京大中京(愛知)と戦う。

 星稜は五回に中田の2点二塁打で反撃。八回には倉知の本塁打。九回にも1点を返したが、反撃はここまでだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス