文字サイズ

帝京“前田マジック”で来春センバツ当確王手

ベンチから指示を送る帝京・前田監督
2枚

 「秋季高校野球東京大会・準決勝、帝京3-2創価」(9日、神宮球場)

 帝京が逆転勝ちで11年以来の決勝進出を決めた。九回2死一、二塁から8番・尾瀬雄大内野手(1年)が中堅へサヨナラ適時打。10年以来となる来春センバツ出場への当確ランプに王手を懸けた。

 甲子園春夏通算51商を誇る名将・前田三夫監督の言葉で、勝利をたぐり寄せた。九回2死から作った2死一、二塁のチャンス。8番・尾瀬がカウント1ボールとなったところで伝令を出した。「見逃したから怒ったんですよ。とにかく勝負強い男ですから期待があった」とげきを飛ばすとともに、スイングが大きくならないように指示。尾瀬が助言通り、中堅へ運んで試合を決めた。

 四回に2点を先制され、五回終了時のグラウンド整備でも選手を鼓舞した。「コンパクトにいけ」と大振りが目立つ攻撃を修正。直後の六回に主将・加田拓哉外野手(2年)らのソロ2本で試合を振り出しに戻した。

 3回戦で関東第一、準々決勝で日大三と強敵を連破しての勝ち上がりに手応えを感じている。「選手に気持ちが乗っている」と指揮官。熟練のタクトで09年以来の東京制覇へあと1勝に迫った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス