文字サイズ

中日・育成ドラ1松田“大化けの可能性”高校時代はバレー部 

 中日から育成ドラフト1位で指名された松田亘哲投手(22)=名大=が7日、名古屋市の同大キャンパスで松永編成部長らから指名あいさつを受けた。全国的には無名の左腕だが、球団は「大化けの可能性」に期待している。

 会見場には、育成では異例ともいえる7台のテレビカメラが並んだ。国立の名古屋大から初のプロ野球選手。高校時代はバレーボール部。注目度は高い。

 「使い減りしていない。これまでは練習をしっかりできていなかった。大化けの可能性がある。真っ白な状態だから、どれだけも伸びる可能性がある」と米村チーフスカウトは伸びしろの大きさに期待する。

 松田は「みんな厳しい練習をやってきている中、あまり練習を多くできていない」と口にする。いろいろな選手の投球フォームを映像で研究。1日5食、計5000キロカロリーを摂取して体作りに励み、四股をトレーニングに取り入れた。今は原石だが、いずれピカピカに輝く可能性を秘めている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス