文字サイズ

【野球】“FA元年”を振り返る、宣言選手第1号は…

 フリーエージェント(FA)宣言選手が2日に公示、3日から交渉が解禁された。同制度は1993年に導入され、この年の宣言選手は中日・落合博満、巨人・槙原寛己、巨人・駒田徳広、阪神・松永浩美、オリックス・石嶺和彦の5選手。そこで“FA元年”を振り返る。

 最初にFA宣言する意思を表明したのは松永だった。92年オフに野田浩司とのトレードでオリックスから阪神へ移籍。ただ、93年シーズンは故障に苦しんだ。同年11月2日に報道陣の前で他球団の評価を聞きたい考えを明らかにし、ダイエーにFA移籍した。

 巨人・槙原は同年11月4日にFA権行使の可能性を示唆。同10日にFAの申請書類を投函(とうかん)した。当時の巨人・長嶋茂雄監督がバラの花束を持参し槙原の自宅を訪問。指揮官の説得もあり残留を決断した。

 11月4日にNPBのコミッショナー事務局から「フリーエージェント宣言選手」として松永と共に公示された巨人・駒田は横浜へ。98年にチームの日本一に貢献する。

 オリックス・石嶺は同6日に必要書類をコミッショナー事務局へ提出。セ・リーグを希望し、阪神でプレーすることになった。

 中日・落合は11月8日に宣言して12月9日に巨人と初交渉。ダイエーも獲得へ興味を示した中、同21日に巨人への入団が発表される。

 ちなみに5選手の93&94年成績は以下の通り。

【松永浩美】

93年 80試合、打率・294、8本塁打、31打点

94年 116試合、打率・314、8本塁打、55打点

【槙原寛己】

93年 28試合、13勝5敗、防御率2・28

94年 29試合12勝8敗、防御率2・82

【駒田徳広】

93年 122試合、打率・249、7本塁打、39打点

94年 130試合、打率・284、13本塁打、68打点

【石嶺和彦】

93年 130試合、打率・273、24本塁打、77打点

94年 130試合、打率・246、17本塁打、77打点

【落合博満】

93年 119試合、打率・285、17本塁打、65打点

94年 129試合、打率・280、15本塁打、68打点

(デイリースポーツ・記録係)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス