文字サイズ

侍ジャパンが辛勝発進!八回に一挙6点で逆転 稲葉監督は坂本に代打山田の執念采配

試合に勝利し笑顔の鈴木(右端)と菊池(手前)らナイン
3枚

 「プレミア12・1次ラウンド、日本8-4ベネズエラ」(5日、桃園国際野球場)

 侍ジャパンが1次ラウンド初戦で辛勝発進。執念の逆転勝ちを飾った。

 負けられない戦いで、稲葉監督が苦渋の決断を下した。2点を追う八回、1死満塁。不振に苦しむ1番・坂本(巨人)に代打・山田(ヤクルト)を起用。山田は際どいボール球を見極め、押し出し四球を選んだ。

 押せ押せムードが生まれ、2番菊池(広島)が同点の左前適時打。3番近藤(日本ハム)も押し出し四球を選び、再逆転に成功した。さらに4番鈴木(広島)の左犠飛などで、この回一挙6点を奪った。

 苦しい展開だった。先発山口(巨人)が四回に先制点を献上。五回に菊池、鈴木の適時打で逆転したが、直後の六回に暗転した。2番手の山岡(オリックス)が3連打で同点とされ、さらに1死二、三塁。大竹(巨人)-中川(巨人)とつないだが、二ゴロの間に勝ち越しを許し、さらに適時内野安打で2-4とされた。

 打線は小刻みにつなぐベネズエラの継投に苦戦。手元で変化させる外国人特有のボールに芯を外され、凡打の山を築いた。特に今大会で主軸と期待される坂本は、カナダとの強化試合から3戦12打席ノーヒット。八回は相手投手の乱調にも助けられて大量得点となったが、トータルでは相手の10本を下回る8安打。秋山(西武)の離脱で不在となった1番打者の起用が、今後のカギとなりそうだ。

 日本は6日にプエルトリコ、7日に台湾と対戦。3試合の成績で上位2チームが2次ラウンドに進出する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス