文字サイズ

侍ジャパン 六回に逆転許す 山岡、大竹、中川の小刻み継投も3失点

 「プレミア12・1次ラウンド、日本-ベネズエラ」(5日、桃園国際野球場)

 侍ジャパンが逆転した直後の六回、すぐに逆転を許した。

 五回に菊池、鈴木の適時打で2-1。流れを引き寄せたかに思われた。だが、直後の六回に2番手山岡が無死一、二塁のピンチを招き、元ヤクルトのロメロに左翼線へ適時二塁打を打たれた。

 その後、1死二、三塁から大竹が救援。初球シュートで狙い通りに詰まらせたが、二ゴロの間に三走が生還。2-3とされると、さらに2死三塁から4番手中川が二塁への適時内野安打を打たれ、2-4とされた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス