文字サイズ

清原和博氏「野球に携わることを感謝」トライアウト監督就任で選手にも思い

WorldTryout2019で監督を務める清原氏=東京都千代田区の学士会館(撮影・出月俊成)
3枚

 西武や巨人でプレーした清原和博氏(52)が30日、都内で開催された「WorldTryout2019」の開催発表会に出席した。清原氏は黒のスーツにネクタイ姿で登場。温和な表情を浮かべていた。「WorldTryout2019」で監督を務める同氏はオファーについて「正直驚きました。このような大役を。野球に携わることを感謝しながら」と感謝の気持ちを表した。参加する選手に対して「全員に平等にチャンスを与えないといけない。自分の長所を思い切りだしてくれれば。悔いのないプレーをしてもらえれば」とメッセージを送った。

 清原氏は、11月30日に神宮球場で開催する公開トライアウトで監督を務める。NPBが主催するトライアウトとは別で、NPB球団を戦力外になった選手のみならず、高校や大学、社会人のアマ選手、米マイナーリーガーらが対象となる。清原氏は予選会での選手の選出や本選での優秀選手を選考する役割を任されるという。11月7日にサーティーフォー保土ケ谷球場で予選トライアウト、同月30日に神宮球場で本選トライアウトを行う予定。

 2016年2月、覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を受けた清原氏。公の場に姿を現すのは、今年3月6日に都内で行われた依存症の理解を深めるための啓発イベントに登場して以来となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス