文字サイズ

巨人原監督「簡単にいきません」九回ピンチで守護神交代 虎のミラクル封じて先勝

 ジャビットと抱き合う巨人・原辰徳監督
3枚

 「セCSファイナルS・第1戦、巨人5-2阪神」(9日、東京ドーム)

 巨人は投打がかみ合い、先勝。アドバンテージを含めて2勝0敗とした。

 原監督の決断力が際立った。4点リードの九回2死、押し出し四球で1点を返され、なお満塁。ここで、制球に苦しむデラロサを代え、マウンドに田口を送り込んだ。

 「簡単にはいきませんね。今日はスライダーの精度がまったくなかった。ボールそのものは走っていたと思ったが。まあまあ、いい薬になるでしょう」。

 代わった田口が木浪を三ゴロに仕留め、試合終了。シーズン終盤からミラクルの連続で勝ち上がってきた阪神の勢いを食い止めた。

 先制パンチも効いた。一回に丸、岡本が連続アーチ。二回は亀井、坂本勇の連続適時打でリードを広げた。指揮官は「初回、二回といい攻撃ができたところでまあ、少し、(阪神の)流れは止まったような感じがした」とうなずいた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス