文字サイズ

金田正一さん逝く 前人未到の400勝投手 戦後の球界をけん引

 金田正一氏
2枚

 プロ野球で唯一の400勝を達成するなど史上最高の左腕投手と呼ばれ、ロッテで監督も務めた金田正一(かねだ・まさいち)さんが6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため東京都内の病院で死去した。86歳。愛知県出身。喪主は長男賢一(けんいち)氏(58)。通夜・告別式は近親者のみで執り行う。後日「お別れの会」を行う予定。

 前人未到の記録を打ち立ててきたレジェンド左腕が、天国へと旅立った。“カネやん”の愛称で親しまれ、国鉄(現ヤクルト)、巨人で、通算400勝を挙げた金田氏。6日午前4時38分、86年の生涯に幕を閉じた。

 ONらとともに、昭和の球界で主役を担った。愛知・享栄商を中退し、1950年に国鉄入り。8月入団ながら速球と縦に落ちるカーブを武器に8勝。打者としても17歳2カ月で史上最年少本塁打を記録した。

 翌51年から2度の30勝を含め、14年連続で20勝以上をマーク。国鉄時代は優勝を果たせなかったが、球界最高の投手に君臨。強烈な存在感で「天皇」とまで呼ばれた。特に対巨人、対長嶋茂雄に闘志を燃やし、58年4月5日の開幕戦(後楽園)では、デビュー戦の長嶋から4打席連続奪三振。プロの洗礼を浴びせた。

 その後、65年に巨人に移籍。厳しい鍛錬で自らを追い込む姿はナインの模範となり、同年からの9連覇の礎となった。移籍5年目の69年に通算400勝を達成し、現役を引退。引退後はロッテ監督として74年の日本シリーズを制した。

 都内の自宅前で報道陣に対応した俳優の長男・賢一さんは「父にとって野球は天職だった。野球一筋の人生だった」と明かした。幼少期、左腕を引っ張ろうとすると怒られたという。左腕を使って抱っこされたことも、一度もなかった。

 プロ野球界を生き抜いていくために、自分の武器であった左腕に最大限、気を配っていた金田さん。病床に伏しても、昨年1月に野球殿堂入りの通知式でゲストスピーチを務めた原監督率いる巨人が勝利すると「おお、勝ったか」と喜んでいたという。

 今季もたびたび東京ドームを訪れて古巣を激励するなど、最後まで野球を愛した金田さん。賢一さんは「あの世に行っても野球をやっていると思います」と気丈に語った。プロ野球界に前人未到の偉大な記録を数多く残した男が、静かに息を引き取った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス