文字サイズ

引退の巨人・阿部に甲子園総立ち!阪神ファンも大拍手 原監督「愛された選手だな」

 「阪神5-0巨人」(24日、甲子園球場)

 今季限りで現役を引退する巨人の阿部慎之助捕手(40)が24日、現役最後の伝統の一戦に代打で出場。阪神・藤川とのオール直球勝負で空振り三振に終わった。阪神ファンからも拍手喝采を受け、甲子園ラストプレーを楽しんだ。引退表明会見は25日に東京都内で行われる。    

 幾多の名勝負を演じてきた甲子園。最後の打席で空振り三振に倒れた後、阿部は巨人ファンだけでなく、総立ちで拍手を送る阪神ファンに向かってヘルメットを取り、一礼した。「球場全体で(名前を)コールしてくれて、感激です」と万雷の拍手に感謝した。

 ラスト甲子園にふさわしい舞台が用意された。九回、マウンドに藤川が上がると、代打で登場。オール直球勝負で挑んでくる右腕に、フルスイングで応えた。2-1からの4球目。149キロ直球を捉えた打球は右翼ポール際へ。惜しくも外側を通過し、記念のアーチとはならず。最後は146キロ直球にバットが空を切った。

 19年間の現役生活を全うした。「(甲子園は)憧れの地だよ。プロになって実感しているよ」。聖地でプレーできたことに感謝した。前夜23日のヤクルト戦後、神宮クラブハウスでチームメートの前で涙を浮かべ引退を表明していた。

 原監督も最後の打席には「これだけ一つになって慎之助が応援されてる姿を見て、愛された選手だなと思った」としみじみ。まだまだ、ポストシーズンへ戦いは続く。阿部から主将の大役を引き継いだ坂本勇は「阿部さんと1試合でも長くプレーをしたい。もう1回、銀座でパレードしたい」と、日本一を手土産に花道を飾ると誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス