文字サイズ

履正社、元阪神関本氏長男が2発11打点の大暴れ 新チーム初の公式戦で30-0

 「秋季高校野球・大阪大会・1回戦、履正社30-0八尾北」(7日、豊中ローズ球場)

 今夏の甲子園王者に輝いた履正社が大会後初の公式戦に出場し、圧倒的な力の差を見せつけた。

 新チームの主将を任された元阪神・関本賢太郎氏の長男、関本勇輔捕手(2年)が、2本塁打を含む4安打11打点の大活躍で勝利に貢献。

 初回無死一、二塁の場面であいさつ代わりの3ランを放つと、再び巡ってきた2死満塁のチャンスで、走者一掃の右越え三塁打を浴びせ、この回一挙12得点。さらに、二回にも2ラン。四回にも走者一掃の左線二塁打を放つなど、最後まで攻撃の手を緩めなかった。

 「日本一のプレッシャーは覚悟しています。自分たちの野球ができるように、1人も違う方向を向かないように、しっかり引っ張っていきたい」と意気込んだ新主将。偉大な先輩たちの思いを背負って、この秋大きく成長してみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス