文字サイズ

履正社OB ロッテ・安田「自分が3年の時の1年が活躍してうれしい」TVで応援

 「全国高校野球選手権・決勝、履正社5-3星稜」(22日、甲子園球場)

 履正社(大阪)が星稜(石川)の好投手・奥川を攻略し、春夏通じて初優勝を飾った。履正社OBのロッテ・安田尚憲内野手(20)は母校を祝福した。

 この日、練習終了後の午後2時には寮に戻っていたそうで、自室でテレビ観戦。「すごく興奮しました。自分が3年生の時の1年生の後輩たちが3年生となって活躍をしている姿を見て、とてもうれしかったですし、なにか不思議な感じがしました」と話した。

 また、「岡田監督のうれしそうな顔を見て、自分もうれしくなりました。監督を中心に日夜、厳しい練習を繰り返してきた成果だと思います。監督は『春のリベンジをしたい』とずっとおっしゃっていました。今回の試合に並々ならぬ決意で挑んでいたと思うので勝てて本当にうれしいです」と喜んだ。「今回の後輩たちの頑張りにボクも強い刺激を受けました。もっともっと努力をして、自分について報道されるのがこの後輩たちへのおめでとうコメントだけで終わることがないように精いっぱい頑張ります!」と自らもさらなる健闘を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス