文字サイズ

関東第一・米沢監督「個々の力が違った」強打の履正社に脱帽

履正社に敗れ、悔しそうに応援団にあいさつへ向かう関東第一ナイン=甲子園(撮影・山口登)
3枚

 「全国高校野球選手権・準々決勝、履正社7-3関東第一」(18日、甲子園球場)

 関東第一(東東京)は幸先良く3点を先制したが、じわじわと追い上げられ、中盤に逆転された。

 警戒していた履正社の4番・井上広大外野手(3年)に2安打4打点。初回に合わされた中前打も6回に浴びた左越え走者一掃の二塁打もともに2死から。相手の勝負強さを褒めるべきかもしれないが、悔やまれる場面となった。

 米沢貴光監督は「我慢してくれていたが、最後は力負け。個々の力が違った。走塁ミスもあったが、攻めた結果なので仕方ない」と潔かった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス