文字サイズ

明石商・挟間監督 光星の猛追に「はよ、家帰りたいと思った」執念の4強

 「全国高校野球選手権・準々決勝、明石商7-6八戸学院光星」(18日、甲子園球場)

 明石商がセンバツに続き2季連続、夏は初の4強入りを果たした。昨夏初戦で8-9で敗れた八戸学院光星に執念でリベンジした。

 初回に3点、二回にも3点を加えて6-1。だが、ここから追いつかれ、1点を争う接戦となった。「7点目を取られなかったのは大きかった。よう、ほんまにしのいだ。ほんまに苦しかった。はよ、家に帰りたいと思った」と苦笑いで振り返ったのは挟間監督。疲労を考慮して温存していたエース中森を七回2死二塁で投入し、相手の勢いを食い止めた。

 決勝点は相手の暴投で転がり込んだ。昨夏初戦で敗れた相手に、同じく1点差でリベンジ。「打たれるなら打たれる、負けるなら負けと覚悟は決まってた」とし、春夏連続での4強に「できすぎですよね、怖いですね。もう一回できる」とうなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス