文字サイズ

星稜・奥川 勝利に「不思議な感覚」涙の理由は智弁主将の言葉「日本一を狙ってくれと…」

試合を終え校歌が流れ号泣する星稜・奥川(左から3人目)=甲子園(撮影・山口登)
2枚

 「全国高校野球選手権・3回戦、星稜4-1智弁和歌山」(17日、甲子園球場)

 星稜が延長十四回、タイブレークの死闘を制し、劇的なサヨナラ勝ち。24年ぶりの8強に進出した。エース奥川恭伸投手(3年)が3安打1失点23奪三振と快投した。

 十四回、無死一、二塁から奥川がバント失敗。1死一、二塁から福本が試合を決める一発を放った。

 この瞬間、奥川は号泣した。「上がった瞬間、抜けるかなと思いました。勝ったんだな、と。不思議な感覚でした」と語り、涙の理由について「向こうも本気で日本一を狙っていた学校で、日本一を取ってくれと黒川キャプテンに言われて込み上げるものがあった」と説明した。右足がつるアクシデントもありながら、延長では安打を一本も許さず。「途中つったんですけど、それ以降は大丈夫でした。(交代の打診は)なかったです。言わなくても分かるというか、自分もいく気満々でした」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス