文字サイズ

熊本工、4失策に泣く 田島監督「二盗、三盗を決められ、浮き足だったのかも」

 試合に敗れるも、すがすがしい顔で甲子園の砂を拾う熊本工ナイン
3枚

 「全国高校野球選手権・2回戦、関東一6-5熊本工」(14日、甲子園球場)

 失策がことごとく失点に絡んだ。地方大会5試合で4失策だった守備陣がこの試合だけで4失策。5回には一塁手が抑えきれなかった打球を右翼手が何と後逸し、打者走者の生還を許した。初戦でサヨナラ弾を放った山口は3打点と活躍し、9回に1点差まで迫ったが、そこまでだった。

 林彪太郎投手(3年)と村上仁将投手(2年)は8安打に抑えたものの、守りに足を引っ張られた形。田島圭介監督も「ミスが絡んだのが全て。初回に大久保君に二盗、三盗を決められ、浮き足だったのかも」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス