文字サイズ

奥川154キロを体感の立命館宇治・荒井「見えていた」が「飛ばすことはできなかった」

 星稜に敗れ、立命館宇治ナインは応援団にあいさつに向かう(撮影・山口登)
3枚

 「全国高校野球選手権・2回戦、星稜6-3立命館宇治」(13日、甲子園球場)

 ベンチスタートだった今秋ドラフト1位候補の星稜(石川)・奥川恭伸投手(3年)が六回途中から3番手として登板。八回に自己最速を1キロ上回る154キロをマークし、甲子園をどよめかせた。ただ、対戦した立命館宇治(京都)ナインは「速かった」と口をそろえたが「打てない球ではない」と練習の成果を感じていた。

 八回の打席で5球目に154キロを体感した荒井豪太外野手(2年)は「めちゃ速かったですけどボールは見えていた。それでも前に飛ばすことはできなかった。すごいと思いました」と驚きを隠せなかった。

 六回、登板直後の奥川から147キロの直球を打ち返し、左前適時打とした今野優斗内野手(3年)は「奥川君の球は伸びがあった。打ったのはインコースまっすぐ。詰まったけれど。僕らは、奥川君を引き出して(登板させて)やろうと思っていたので、出てきた時は気合が入った。やっと出てきた、対戦できるぞという感じだった」と振り返った。

 七回に奥川の147キロを左前打した岡田蒼司内野手(2年)は「捉えたと思っても差し込まれた。速いと思ったが、みんな『打てない球ではないな』と話した。練習で、140キロくらいの打撃マシンを1メートル前に出して打ってきた。その成果は出せた」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス