文字サイズ

巨人原監督、打線つながらず5連敗「もうひとりふたり加わってくれたら…」

 「DeNA3-2巨人」(4日、横浜スタジアム)

 巨人は首位攻防で痛恨の3タテ。今季初の5連敗で、2位DeNAに0・5差まで迫られた。

 試合後、原監督は悔しさを押し殺した。打線がつながらず、守りでは前夜に続きミスで失点した。「まあ、選手は必死にやっていますけどね」とフォローしつつ、打線については「もう一本というところで。なかなか出てこないということですね」と振り返った。

 G党の重いため息がこだましたのは2点を追う七回。坂本勇の適時打で1点差に迫り、なお2死二、三塁。4番の岡本が打席に入ったが、エスコバーの速球に対応できず、空振り三振に倒れた。

 岡本は五回、2死満塁でも空振り三振に倒れ、この試合3三振。ただ、指揮官は4番を責めることはせず、「本人が一番悔しいでしょうし。何とかこっちも助けてね」とうなずいた。

 坂本勇、丸はともにマルチ安打。それだけに「もうひとりふたりそこに加わってくれたら」と、“救世主”を待ち望んだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス