文字サイズ

龍谷大平安 ミス連発で敗退…3季連続の甲子園出場ならず

 「高校野球京都大会・準決勝、立命館宇治5-2龍谷大平安」(26日、わかさスタジアム)

 優勝候補の龍谷大平安が準決勝で涙をのんだ。原田英彦監督(59)は「ぐちゃぐちゃのまま終わった。もっと自信を持ってやってほしかった。残念です」と涙をこらえた。

 三回以降、平安らしからぬミスが目立った。焦りから重要な場面で失策を連発。今大会4試合に登板し、この日も12安打を打たれながら踏ん張り続けたエース・野沢秀伍投手(3年)を援護することができなかった。

 「仲間の声を聞いて何度も踏ん張ろうと思ったけど、できなかった」と悔し涙を流した野沢に対し、主将・水谷祥平外野手(3年)は「チャンスで打てなくて、自分が足を引っ張った」と声を詰まらせた。“3季連続の甲子園出場”を目標に戦ってきた名門の夏は、悔いが残る結果となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス