ロッテ・鈴木大地「サヨナラ賞」受賞 1番印象に残る試合に

 ロッテの鈴木大地内野手(29)が19日、6月度「スカパー!サヨナラ賞」パシフィック・リーグ受賞選手に選出された。

 鈴木は6月16日にZOZOマリンスタジアムでの中日戦の9回、サヨナラ安打を放った。鈴木のサヨナラ打は今季3度目。サヨナラ賞は初受賞。

 ロッテの選手による受賞は昨年5月度の清田外野手以来、7人目。

 鈴木は「これまで何度かサヨナラヒットを打ってきましたが、今までで1番印象に残る試合になりました。この先の野球人生でも、これ以上の試合は無いかもしれないくらい劇的な試合だったと思います。

 サヨナラヒットを打った前のベンチでは1点差のツーアウト満塁でもう一度打席が回ってくるだろうと考えている、不思議な感覚の自分がいました。バットが折れて、当たりもよくありませんでしたが、何とか抜けてくれと強く願っていました。たくさんの方が喜んでくれて、一生忘れられない試合となりました」と話していた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス