文字サイズ

阪神・石崎とロッテ・高野がトレード 矢野体制で初トレード実現へ

 阪神は4日、石崎剛投手(28)とロッテ・高野圭佑投手(27)の交換トレードが成立したことを発表した。

 石崎は球団を通して「突然のことで本当に驚いています。タイガースでの4年半は、ケガばかりで思うような活躍はできませんでしたが、ロッテ球団でしっかり投げている姿を見せることで、タイガース球団にも、応援してくれたタイガースファンの方々にも、恩返しをしていきたいと思います。また、ロッテ球団の方々からも期待していただいていると思うので、しっかり1軍の戦力になれるように、タイガースで教わったことを生かして頑張っていきたいと思います」とコメントした。

 石崎は14年ドラフト2位で阪神に入団した右腕。17年に26試合で防御率1・17を記録し、17年秋と18年春に2年連続で侍ジャパン入りも果たした。昨年は6月に右肘の手術を受けて12試合の登板にとどまると、今季は2試合しか登板機会がなかった。

 5位に低迷しているロッテは、チーム防御率4・06と投手陣の立て直しが課題となっており、実績もある石崎に白羽の矢を立てた。

 高野は15年ドラフト7位でロッテに入団した。150キロを超える直球を武器とする右腕で、1年目の16年から14試合に登板。18年は自己最多の17試合に登板した。

 阪神のリリーフ陣は、能見、藤川らベテランがフル回転してきた。ジョンソンも疲労蓄積で出場選手登録を抹消され、1軍に復帰したばかり。選手層に厚みを持たせる意味で、27歳で伸びしろもある高野の獲得に至った。

 両チームとも借金を抱えており、上位進出への起爆剤として思惑が一致。阪神にとっては矢野体制で初めてのトレードが実現した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス