文字サイズ

ヤクルト村上「肩を並べるほどの実力じゃない」 ゴジラ松井以来の高卒2年目20号到達に

5回、満塁弾を放つ村上
3枚

 「広島2-6ヤクルト」(3日、マツダスタジアム)

 ヤクルトの若き主砲・村上宗隆内野手が、高卒2年目では1994年の巨人・松井秀喜以来25年ぶりとなる20号到達をプロ入り初のグランドスラムで決めた。

 初回に中前へ先制適時打を放った村上は五回、押し出し四球で1点を加えた直後の2死満塁から右翼席へ20号満塁本塁打を放った。「なんとか1点でもと思って打席に入った。これまでチームに迷惑をかけてきたので、チャンスで打ちたいと思って臨んでいた」と話した。

 メジャーでも活躍した松井に肩を並べる2年目での20号到達。「肩を並べるほどの実力じゃないんで、もっともっと練習をして頑張りたい」と謙虚に話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス