文字サイズ

西武・ドラ1松本航 地元兵庫で5回1失点 家族に届ける3勝目

 「交流戦、阪神3-7西武」(23日、甲子園球場)

 オープン戦で三回途中7失点を喫した甲子園のマウンド。燃える気持ちを、西武のドラフト1位・松本航(日体大)は白球に込めた。5回1失点で3勝目。両親らが見守る中、地元兵庫で輝き「リベンジの気持ちで臨んだ。自分の投球がある程度できた」とはにかんだ。

 一回に2死無走者から先制を許したが、そこから光ったのは前回登板からの調整で磨いてきた緩急。五回2死二塁では大山を内角高めの直球でファウルにさせた後、緩いスライダーで中飛に抑えた。

 走者を再三、背負い「立ち上がりにボール球が多くて球数もいってしまった」と反省したように5回で106球を費やしたが、勝機を引き寄せる投球だった。辻監督は「打者に向かう気持ちは出ていたと思う。よく投げたよ、我慢してね」と目を細めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス