文字サイズ

快投のヤクルト・石川、白星つかずもさばさば「チームが勝ったのでよしとしないと」

 「交流戦、西武5-6ヤクルト」(15日、メットライフドーム)

 ヤクルトがシーソーゲームを制した。

 先発の石川雅規投手は、八回途中4安打2失点。4点リードの場面で降板しながら後続が逆転を許し、今季3勝目を逃した。

 制球よく緩急自在の投球で、七回までは2安打しか許さず。投手プレートを踏む位置を一塁側、三塁側、中央付近と何度も変えるなど工夫もこらし、西武の強力打線を手玉にとった。八回1死から連打を浴びてマウンドを譲ったが、8回3安打無失点だった5日の日本ハム戦に続く快投だった。

 現役単独最多となる交流戦の通算25勝目を逃したが、「欲を言えば(自身が)もちろん勝ちたい気持ちはあるけど、チームが勝ったのでそれをよしとしないと」とさばさばとした表情。「カウントが悪くなってもいいところに投げられた。いろいろ考えながらやっている。こういう投球を続けていきたい」と前向きに今後を見据えた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス